防水加工で雨漏り防止|雨漏り修理で家の健康を保つ|被害の拡大を防ぐには
男性女性

雨漏り修理で家の健康を保つ|被害の拡大を防ぐには

防水加工で雨漏り防止

男の人

屋根には、様々な形があります。一般的な屋根の形は切妻屋根や寄棟屋根といった名前がついています。これら屋根は傾斜がついており、雨水を傾斜で流し、雨水がたまりにくいようにしています。また、家によっては屋上がまっ平らな場合もあります。これは平屋根といい、家のデザインの一つです。平屋根にすることで屋上をベランダ代わりにすることができます。また、屋上をベランダに使うという構造上、コンクリートなどで補強し、頑丈にできているのが平屋根の特徴です。
そんな平屋根ですが、構造上やはり雨漏りがしやすくなっています。わずかながら傾斜がついているので雨は流すことが出来るのですが、ベランダとして使っている以上傾斜が削れて水が溜まりやすくなったり、雨量が多い場合は流しきれずに染み込んでしまうケースもあるからです。そのため、家が平屋根の場合、防水対策はしっかりと行わなければなりません。
一番安価で済ます方法として、平屋根の上に防水シートを敷くという方法があります。これならば防水シートが雨水をはじき、染み込まなくなるのでベランダとして使う上で特に問題はおきません。しかし、より万全の状態にしたいのであれば、業者に依頼をして防水加工を行うことになります。業者の行う防水加工は、アスファルトやウレタンなど防水層を重ねる方法であり、雨漏りが発生するリスクを大幅に下げることができます。代表的な防水加工の方法にアスファルト工法が有ります。